自動車は走る凶器

自動車のスピード減速で事故防止

自動車事故の原因はスピード

自動車事故の原因として挙げられるのはスピード超過、わき見、携帯操作、確認不足などが多く、直進走行ではほとんど起こらないのですが、車線変更時やコーナーリング時、交差点一時停止、バック時などが多いです。ただ、これらのシーンで発生する交通事故ですが、その度合いも色々です。人の生命やけがを含む場合と、車対車、単独、軽い接触など、状況により被害の度合いが変わります。スピードを出すことが、わき見や確認を鈍らせるほか、焦りや誤操作を招きます。自動車は走る凶器ですから、スピードを落とすことで、トラブルの可能性を下げ、万が一の際にも被害を少なくすることが出来るのです。

交通事故で損害賠償責任が発生

自動車を運転中に事故を起こしてしまうと、相手が被った損害に対して賠償責任が発生します。相手から損害賠償請求される中身は、治療費や持ち物が壊れた場合の修理費用など実際に出費となる積極損害・仕事を休んだことなどにより減ってしまうことになる収入などの消極損害・精神的な苦痛に対しての賠償金である慰謝料が柱です。自動車保険は、こうした相手に対する損害賠償責任を補償する保険で自賠責保険と任意保険の2本立てになっています。自賠責保険は交通事故の被害者が最低ラインでの補償が受けられるべく国で制定した保険で、全ての車両が契約することが法律で定められています。しかし自賠責保険でカバーできる補償範囲は狭いので、それを補う形で上乗せ契約するのが任意保険です。

自動車事故の情報

新着情報

↑PAGE TOP