自動車事故削減対策

自動車の安全装置機能

自動車事故防止の秘密兵器

自動車事故を防止するためには安全運転に心掛けることが何より大切ですが、安全運転を心掛けていても、人間はミスを犯すことがあります。このようなリスクを少しでも軽減させるために衝突被害軽減制動制御装置などの安全装置が装備されている自動車を購入することです。各メーカーがいま最も力を入れている新しい技術の一つで、年々その性能が向上しています。車体に取り付けたカメラとレーザーレーダーによって、前方を走るクルマや飛び出してくるクルマや人をいち早く察知し、自動でブレーキをかける仕組みになっています。これがあると大幅に事故が軽減できると期待されています。

交通事故の対応は保険会社へ

自動車で事故をした場合には注意する事があります。最初に相手と事故に関する示談をしてはいけません。示談をしてしまうと保険会社が交渉する事が出来なくなるからです。最初に警察の交通課を呼び証明書を発行してもらい、その後に保険会社を呼ぶ必要があります。その後には保険会社の指示に従って対応する必要があります。人によっては謝罪したい人もいますが、自動車によるトラブルの場合だと保険会社からの指示がないときに謝罪すると、保険会社が交渉している最中である場合でも全額自己負担となる可能性があるので、注意が必要になります。

自動車事故の情報

↑PAGE TOP