自動車保険の種類

自動車事故の賠償義務項目

自動車事故と慰謝料支払い義務

自動車を運転中に事故を起こし、相手に損害を与えてしまうと損害賠償の義務が発生します。賠償義務のある項目は、治療費や物損費、相手が仕事に行けなかった期間の休業補償など多岐にわたります。さらに治療費や物の修理代、収入補償に加えて慰謝料も損害賠償請求されます。これは、相手が事故に遭ったことで被った精神的な苦痛に対しての賠償金にあたります。自動車保険では、もしも加害者になってしまったケースに備えて相手に対する損害賠償請求責任を補償する内容になっています。保険は自賠責保険と任意保険の2種類があり、国で制定し、補償範囲が狭く支払い額に限度もある自賠責保険の制度ではカバーできない部分を補うのが任意保険です。

交通事故に備えて保険加入は必須

自動車を運転している限り、必ず事故に遭遇する可能性を秘めています。被害者になり、死亡をしてしまったり、高度障害などで、健康的な生活を送ることができなくなるのは大変なことです。法定では自賠責保険に加入することを義務付けられていますが、補償の範囲が極めて少ないため、民間の自動車保険に加入すべきです。対人や対物、車両保険などさまざまありますが、まずは、ご自身が加害者となった場合に、被害者とその家族の生活が満足できるように対処することが大切なのです。ですから、保険に加入するべきなのです。保険に加入していない状態で事故を起こしますと精神的に参ってしまいますが、保険に加入していれば、金銭的な悩みを少しでも取り除くことができるのです。

自動車事故の情報

↑PAGE TOP